女性用媚薬を服用して効かない場合は何が原因になっているのか?

女性用媚薬が効かない時

女性用媚薬が効かない時

女性がパートナーとの性行為の際に気分を高めるために活用するのが、女性用媚薬です。

性欲が減退し、セックスレスになりがちな女性にとっても便利な媚薬ですが、使用したにも関わらず、効かない場合もよくあります。効かない場合には、その原因を突き止めることで解決可能です。

使い方が間違っていないか、チェックします。女性用媚薬は適量を使うのが最も効果的な使用方法です。用法用量を守って使わないと、効果が発揮されなかったり、気分が悪くなってしまったりといったリスクが高まります。

商品の説明をよく確認します。使うタイミングや量などを見て、普段使っている方法が間違えていないか比較して、使用方法を改めます。タイミングや量の部分だけでなく、注意事項もきちんと読まなければなりません。

体に変化が生じているときには使わないなど、具体的な注意事項が書かれていたなら、その注意に従って使用の判断をすることが大切です。

使うときに、どのような食事内容なのか、思い出すようにします。使う媚薬によって性質が違いますが、一般的に胃の中に媚薬の吸収を妨げてしまうものが残っていると、腸で効率よく成分が吸収されずに、そのまま外に排出されて終わってしまいます。

これでは効果がほとんど出ません。吸収を妨げるものは、脂っこい食事です。胃腸に油の膜を作ってしまうため、媚薬の成分が膜に弾かれてしまい、そのまま流される結果になります。

脂っこく、胃もたれがしがちな食事内容はやめて、脂肪分が少ないあっさりとした食事内容にする工夫をしたいところです。できれば食事の最中や直後に使うよりも、空腹時に使うのがおすすめです。

胃腸が空っぽの状態ですので、妨げになるものが存在せず、媚薬の成分をストレートに吸収可能です。意外な問題が、精神面です。媚薬を使ったからといって、完全に脳をコントロールできるわけではありません。

周囲の環境に合わせるために理性が優位になって、媚薬の効果が弱まることがあります。周囲にたくさんの人がいる前で使ったとしても、平静を保とうとしますので十分な効果が発揮されません。

パートナーと2人だけになれる状態や、リラックスできる環境を作り出して使うようにすれば、実感しやすくなります。

本当に効果のある商品を選ぶようにします。あまりにも安い商品は配合成分の質が悪かったり、偽物のリスクが高めです。判断が難しければ、口コミを参考に評判の良い商品を買い求めるのが有効です。