女性用媚薬を飲んで効果がなく、全く効かない場合もあるの?

効かない女性用媚薬はある?

効かない女性用媚薬はある?

女性用媚薬は基本的に効果がしっかりと現れるように考慮されていますが、使用する方の体質によっては効かない事もあります。女性用媚薬が効かない原因には、根本的な体質や使用した日の体調などが関係しています。

根本的な体質によっては一部の成分の効果が現れにくかったり、使用する方が不感症などの生まれつき持っている病気や症状がある場合には女性用媚薬を使用しても期待通りの効果が現れなかったり、あまり効果が現れない場合もあります。

根本的な体質が原因で女性用媚薬が効かない場合には使用する場合には使用する方にあった成分を含む製品を使用することで効果を向上させることが可能です。逆に使用する方に合わない成分を含んだ製品では効果を期待することができません。

個人差だけでなく使用する日の体調によっても効果に多少の差があり、日を改めて使用することで効果が現れる場合もあります。

中には体調だけでなく媚薬を使用する日の気分や感情によっても効かない場合もあり、特に落ち込んでいる時や悲しいことがあった時には媚薬を使用しても効果が現れにくくなります。

体調が優れなかったり、気分が悪い日に媚薬を使用すると、健康な時よりも効果が薄かったり、効果が感じられない場合もあります。

体調が悪い日の使用では十分な効果が得られない場合もあり、健康なタイミングで使用したほうが効果をしっかりと得られます。

体調による効果の減少の一例として、満腹なタイミングでの使用では効果が得られないという場合があります。満腹なタイミングで使用しても媚薬の成分が血管まで到達することができなくなります。

油を多く含む食事をした後は特に媚薬が聞きにくくなります。満腹な状態で使用した媚薬はそのまま排泄物になってしまい、しっかりとした効果が現れない状態になります。

満腹な状態で媚薬を使用すると、多くの場合には排泄物となってしまって一切効果が現れず、効果が現れたとしても得られる効果が薄くなってしまったり、効果が現れるまでに時間を要する場合もあります。

媚薬を使用した際の効果の程度や、効果をどの程度感じるかについても個人差が関係しています。

自分で効果を実感できるほどに効果が現れる方も、媚薬を使用したのにも関わらず変化を感じられない方も居て、体質や体調によって効果が変化します。

女性用媚薬は多くの女性に効果がありますが、使用する方の体調などで効果も変わりますし、一部の女性には効かない場合もあります。